パートナー(Webサイト管理人様)
パートナー登録|自分のサイトに広告を掲載したい方「無料パートナー登録はこちら」
クライアント(広告主様)
無料|広告主として広告掲載をしたい方「資料請求はこちら」
アフィBチャリティー
お知らせ
2017年4月24日

ビットコイン又はドットマネーでの報酬受け取りをご希望のパートナー様

0年0月0日

2017年4月14日

【afb(旧 アフィリエイトB)】サイトリニューアルに関してのお詫びとお知らせ

2017年4月13日

【ランキングサイトに係る報道と今後の対応について】

2017年3月23日

【メンテナンス完了】 アフィリエイトB・DNS切替メンテナンス完了

2017年3月1日

【メンテナンス】 アフィリエイトB・DNS切替メンテナンス

2017年2月6日

【お詫びとご報告】 アフィリエイトB・一部アクセスし辛い状況だったことについてご報告

2017年2月5日

【お詫びと復旧のご報告】

2017年2月5日

【お詫びとご報告】

2016年11月1日

アフィリエイトBは10周年を迎えました!

2016年11月1日

リンクコードのAMP対応のお知らせ

2016年10月18日

■アフィリエイトBパートナー利用規約改定のご案内

2016年5月12日

\\利用者満足度率☆2年連続NO.1に選ばれました//

2016年4月19日

「アフィBチャリティ」開始

2015年11月30日

アフィリエイトB公式LINEスタンプリリースのお知らせ

2015年5月1日

【ご報告】「アフィリエイト・プログラムに関する意識調査2015」のお知らせ

2014年7月23日

メンテナンスのお知らせ

2014年7月11日

「Yahoo!タグマネージャー 認定プログラム」取得のお知らせ

2013年12月9日

【ハッピー★リターンがリニューアル!】

2013年12月2日

【12月の報酬お支払い日につきまして】

2013年4月8日

【Internet Explorer 6サポート終了のお知らせ】

2012年11月30日

12月の報酬お支払い日につきまして

2012年11月9日


*******************≪年末年始休暇のお知らせ≫*******************

2011年3月14日

【稼働状況について】

宮城県三陸沖を震源とした東北地方太平洋沖地震により被災をされた方々、ご家族の皆様に心よりお見舞いを申し上げますとともに、心ならずも犠牲になられた方々とご遺族の皆様に対し、深くお悔やみを申し上げます。

アフィリエイトBをご利用のクライアント様、パートナー様に稼働状況についてお知らせ申し上げます。

3月11日から現在までにおいて、特に障害は発生致しておらず、正常に稼働致しております。

今後、輪番停電の影響においても、複数サーバ拠点でのミラーリング、UPS(無停電電源装置)の活用を行うことで万全の態勢を取っており、現状はサービスの停止を具体的に想定しておりませんが、万が一の状況も考えられます。
誠に恐れ入りますが、引き続き予断を許さない状況につき、ご理解を頂けましたら幸いです。

最後に、今後も余震等の二次災害も想定されますため、皆様に置かれましても、くれぐれもお気を付け下さいますよう、よろしくお願い申し上げます。

2010年12月24日

【2010年12月の報酬お支払い日につきまして】

いつもアフィリエイトBをご利用いただきまして誠にありがとうござます。
報酬のお支払についてのご連絡です。

2010年12月のみ報酬のお支払日を12月29日(水)とさせていただきます。

尚、2011年1月より通常のお支払日となりますので、何卒よろしくお願い申し上げます。

2010年12月23日

【年末年始の営業に関するお知らせ】

誠に勝手ながら、弊社は下記日程を年末年始休暇とさせて頂きます。

2010年12月30日(木)〜2011年1月3日(月) 迄

上記期間中もお問い合わせフォーム、メールによるお問い合わせは受け付けておりますが、回答は2011年1月4日以降とさせていただきますので予めご了承くださいますようお願い申し上げます。

休業明けはサポートの混雑が予想されるため、ご回答に少々お時間をいただく場合がございます。

ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒、ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

2010年4月1日

【運営会社変更のお知らせ】

アフィリエイトBは2010/4/1より株式会社フォーイット運営になります。
詳しくはこちらをご確認下さい。
運営会社変更に伴い、利用規約・プライバシーポリシーの名称も変更しておりますので、ご了承下さい。

アフィBブログ

タグミエール

パートナー様向けアフィリエイト テクニック講座「SEO講座(内部対策編)」

【第6回】SEO講座(内部対策編)

パートナーの方にとって集客方法のやり方は悩みが多いと思います。ブログを立ち上げて広告を貼っても、集客できないと成果にもなりません。ではどうやったら効果的に集客できるのか? パートナーの皆様の多くが検索エンジンからの流入に期待していることでしょう。でも待ってください。ブログやホームページをアップしたからといってただ待っていても誰も見に来てくれません。検索エンジンから集客するにはSEO(検索エンジン最適化対策)が欠かせません。ここではそのSEOの内部対策について講義いたします。

【第6回】SEO講座(内部対策編)


キーワードの選定

キーワードの選定はSEOにおいて最も重要な部分です。どんなキーワードで集客を図るのか、それがどのくらい検索されている(ニーズがある)キーワードなのか調べましょう。キーワードを見つける方法はいくつかあります。簡単な方法はキーワードアドバイスツールを使うことです。今一番使えるツールは「Googleアドワーズ キーワードツール」でしょう。これはキーワードごとの月間検索回数や関連するキーワードを教えてくれます。ある一定期間の検索ニーズは「Googleトレンド」で調べることができます。また検索結果に表示される「関連検索のワード」も検索ニーズを示しているので参考になります。またキーワードのゆらぎや類義語もおさえておく必要があります。類義語を調べるには「シソーラス(類語)検索」を使うと便利です。

キーワードの選定に役立つツール


ページ(html)の最適化

(図)情報量は多いに越したことがない
参考サイト「FXスキャルピングガイド
キーワードの選定が決まったら、次にhtmlページの最適化を行います。ページの最適化は「titleタグへのキーワードの追加」、「ページ内へのキーワード配置」が主な対策です。加えて「適切なマークアップ」、「htmlの静的化」といったところもおさえておくといいでしょう。
左の参考ページ「FXスキャルピングガイド」をみてください。最近アップしたばかりのこのページは「スキャルピング」というキーワードで上位表示を狙っています。この「スキャルピング」というキーワードは「Googleアドワーズ キーワードツール」によるとおおよその月間検索数が「12,100」もあります。キーワードが決まったらまずtitle タグにキーワードを入れましょう。

<title>キーワードを含むタイトル</title>

「FXスキャルピングガイド」ではtitleタグが「FXスキャルピングガイド | 短期投資で結果を出す!」となっています。なるべくtitleタグの頭にキーワードを入れるのがコツです。ここでは「FXスキャルピング」というキーワードを最初に入れています。またページ内にも適切にキーワードを配置しています。ここではテキストで17個配置しています。キーワードはページのソース上部(※)にある方がいいと言われています。このようにtitleタグの最適化とページ内へのキーワードの配置をすればページ内の最適化はほぼ完了です。

※ソースを見るにはページ内で右クリックをして「ソースの表示」を選べばできます。

ページ内の最適化のポイント

  1. ページ内でまず文字コードを記述する(適切にクロールされる)
  2. titleタグへキーワードを入れる(title内の最初にあればなおよし)
  3. ページ内にキーワードを適切に配置する
  4. metaのdescriptionとkeywordsにもキーワードを入れて最適化をする
  5. 適切なマークアップでページを作る(tableレイアウトよりはcssレイアウト)
  6. htmlは静的ページで用意する(動的ページよりは検索エンジンにやさしい)

サイト構成の改善

ページ単位での最適化が完了したら、次に考えるのはサイト全体での最適化です。最も重要なことはページ内リンクのテキストです。検索エンジンはページ内のワードとどんな言葉でリンクをされているかということでキーワードに対する重要度を判断します。このリンクされているテキストをアンカーテキストと言います。前述の「FXスキャルピングガイド」では全ページからトップページへ「スキャルピング」という言葉でリンクしています。このため検索エンジンは「FXスキャルピングガイド」のトップページを「スキャルピング」に関するページであると認識し上位表示されやすくなります。このサイト内リンクのキーワードを上手く調整するのにも便利なのがパンくずリストです。

○○サイト トップ > カテゴリ > 詳細ページ

このようなリンクを全ページに用意することで適切に内部リンクを施すことできます。パンくずリストはユーザーの観点からも有効なので、ぜひ設置してください。またサイト内の構成ですが、トップページから3クリック以内で到達できる程度の深さにすることをおすすめします。
さらにサイト構成の最適化として意識してほしいことはサイト全体で考えるということです。各ページが最適化されていたとしても全体としてみたときに同じ対策キーワードが複数ページに分散されるといったことが起こりえます。同一ドメイン内で同じキーワードで複数ページにSEOを施しても効果が分散する可能性があります。そのためキーワードは1ページにつき1ワードにとどめておくことを推奨します。
このサイト全体での最適化はtitleタグやmetaタグ、htmlソースにも言えます。ページごとに最適なtitleタグやmetaタグを用意すべきなので、複数ページで同じものを使うぺきではありません。またhtmlソースもナビゲーションなどの共通している部分はなるべくhtmlソースの後の方に記述する方が好ましいでしょう。これはCSSを上手く活用することで実現することができます。

サイト構成の改善のポイント

  1. リンクのテキストにキーワードを入れる
  2. パンくずリストの設置
  3. SEOキーワードを複数ページ分散させない(1ページ1キーワードの原則)
  4. title、metaのdescriptionとkeywordsは全ページ違うものを用意する
  5. 階層はトップページから3クリック以内の深さにする

インデックス促進

(図)リンクを貼ってインデックスを促進しよう検索エンジンで検索されるには検索エンジンに該当ページが認識されている必要があります。この検索エンジンに認識されることをインデックスと言います。新規サイト(ページ)をアップしたらまず検索エンジンにインデックスさせます。効率よくインデックスされるには「既にインデックスされているサイト(ページ)にリンクをはる」「各検索エンジンへURLの申請を行いクローラーに巡回される」「xml形式のsitemapsを設置してgoogle、Yahooに通知する」といった方法があります。一番簡単なのはクローラーが頻繁に訪れているドメインのトップページにリンクをはることです。そしてサイト内にxml形式のsitemapsを用意しておけば全ページたどってくれる可能性が高いです。

xml形式のsitemapsは「xml-sitemaps.com」というサイトで簡単に作成することができます。また各検索エンジンへの登録は「サイトエクスプローラー(Yahoo!)」、「ウェブマスター ツール(Google)」でできます。
またユーザビリティの面からもhtmlページのサイトマップも用意するといいでしょう。トップページからもリンクをはることで、サイト内全ページにクローラーが巡回しやすくなります。サイトマップはhtmlとxmlと両方用意するようにしましょう。

インデックス促進に役立つツール


過去のバックナンバー一覧
  1. 【Vol.1】目指せ月収10万円!(2009.03.03UP)
  2. 【Vol.2】アフィリエイトの始め方(2009.03.03UP)
  3. 【Vol.3】アフィリエイトサイトの作り方(2009.03.10UP)
  4. 【Vol.4】何はともあれ集客のススメ(2009.03.17UP)
  5. 【Vol.5】意外と知られていない!? アフィリエイトの稼ぎ方(2009.03.24UP)
  6. 【Vol.6】SEO講座(内部対策編)(2009.03.31UP)

このページの先頭へ戻る